English

理化学研究所

田原分子分光研究室 Molecular Spectroscopy Laboratory

menu

業績 - 総説・著書

[原著論文] [総説・著書] [特許]

総説

2020

[37] 石井 邦彦; 田原 太平
生体分子の速い熱揺らぎを捉える―マイクロ秒1分子蛍光計測への挑戦
化学, 75, 5, 74 - 75, 2020/5/1.

2019

[36] 坂口美幸
IFCA(独立蛍光成分分析)の開発:生体分子の構造不均一性をモデルフリーで定量する方法
生物物理, 59, 3, 154 - 155, 2019/5/31.

2018

[35] 倉持 光
フェムト秒時間分解“時間領域”ラマン分光による光受容体初期構造ダイナミクスの実時間追跡
光学, 47, 6, 258 - 258, 2018/6/10.

2017

[34] 石井邦彦; 田原太平
二次元分光法:タンパク質のダイナミクスを可視化する二次元蛍光寿命相関分光法を中心として
日本物理学会誌, 72, 854 - 861, 2017.
[33] 倉持光
時間領域ラマン分光法の極限化とその光応答性タンパク質への応用
分光研究, 66, 155 - 163, 2017.
[32] 竹内佐年
発光タンパク質に振動コヒーレンスは寄与しているのか?
化学と工業, 70, 3, 250, 2017.
[31] S. Nihonyanagi; S. Yamaguchi; T. Tahara
Ultrafast dynamics at water interfaces studied by vibrational sum-frequency generation spectroscopy
Chem. Rev., 117, 10665 - 10693, 2017. DOI: 10.1021/acs.chemrev.6b00728

2016

[30] 倉持光
光反応生成物・無輻射遷移後において観測される振動コヒーレンス
分光研究, 65, 6, 310, 2016.

2015

[29] S. Yamaguchi; T. Tahara
Development of electronic sum frequency generation spectroscopies and their application to liquid interfaces
J. Phys. Chem. C, 119, 14815 - 14828, 2015. DOI: 10.1021/acs.jpcc.5b02375
[28] M. Iwamura; S. Takeuchi; T. Tahara
Ultrafast excited-state dynamics of copper (I) complexes
Acc. Chem. Res., 48, 782 - 791, 2015. DOI: 10.1021/ar500353h

2014

[27] 井上賢一; P. C. Singh; 二本柳聡史; 山口祥一; 田原太平
時間分解ヘテロダイン検出振動和周波発生分光法を用いた水界面の超高速振動ダイナミクスの研究
表面科学, 35, 662 - 667, 2014. DOI: 10.1380/jsssj.35.662
[26] 乙須拓洋
二次元蛍光寿命相関分光法によるマイクロ秒蛋白質ダイナミクス研究
生物物理, 54, 321 - 322, 2014. DOI: 10.2142/biophys.54.321
[25] 石井邦彦
生命科学のための蛍光分光 第5回 蛍光分子の動的過程の解析2 (蛍光相関分光法)
分光研究, 63, 5, 215 - 227, 2014.
[24] 二本柳聡史; 山口祥一; 田原太平
ヘテロダイン検出和周波発生分光法による水界面における水素結合構造とダイナミクスの解明
Electrochemistry, 82, 766 - 770 , 2014. DOI: 10.5796/electrochemistry.82.766
[23] S. Takeuchi; T. Tahara
Femtosecond structural study of reacting excited-state molecules through observation of nuclear wavepacket motions
Advances in Multi-Photon Processes and Spectroscopy, 22, 111 - 162, 2014. DOI: 10.1142/9789814619042_0003

2013

[22] 二本柳聡史; Prashant C. Singh; 山口祥一; 田原太平
定常および時間分解ヘテロダイン検出和周波発生分光法の開発と界面水への応用
分光研究, 62, 6, 253 - 263, 2013.
[21] 二本柳聡史
ヘテロダイン検出和周波発生分光法による界面水の構造とダイナミクスの研究
Molecular Science, 7, 1, A0060 - A0068, 2013. DOI: 10.3175/molsci.7.A0060
[20] S. Nihonyanagi; J. Mondal; S. Yamaguchi; T. Tahara
Structure and dynamics of interfacial water studied by heterodyne-detected vibrational sum-frequency generation
Annu. Rev. Phys. Chem., 64, 579 - 603, 2013. DOI: 10.1146/annurev-physchem-040412-110138

2012

[19] 石井邦彦; 田原太平
先端的な蛍光相関分光法を応用した生体分子のダイナミクスの解析
生物物理, 52, 295 - 298, 2012. DOI: 10.2142/biophys.52.295
[18] 竹内佐年; 田原太平
反応座標の全貌解明をめざしたフェムト秒構造化学研究
レーザー研究, 40, 759 - 765, 2012.

2011

[17] 二本柳聡史; 山口祥一; J. A. Mondal; 田原太平
新しい非線形分光で明らかになる液体界面の局所分子構造-和周波発生光のヘテロダイン検出-
光学, 40, 415 - 420, 2011.

2009

[16] 竹内佐年
極短パルス光の発生と反応性分子の振動コヒーレンス観測
光科学研究の最前線, 2, 170, 2009.
[15] 山口祥一; 二本柳聡史; 田原太平
新しい界面選択的な偶数次非線形分光
Review of Polarography, 55, 83 - 96, 2009. DOI: 10.5189/revpolarography.55.83
[14] 細井晴子; 山口祥一; 田原太平
超短パルスレーザーを用いた先端的分光計測による蛍光タンパク質の発光機構の研究
レーザー研究, 37, 734 - 738, 2009. DOI: 10.2184/lsj.37.734
[13] 竹内佐年; 田原太平
シス-スチルベンの超高速光異性化ダイナミクス:これまでの研究経緯と新たな展開
光化学, 40, 9 - 17, 2009.
[12] 山口 祥一; 二本柳 聡史; 田原 太平
新しい界面選択的な偶数次非線形振動分光
オプトロニクス, 332, 115 - 121, 2009.

2008

[11] 山口 祥一; 田原 太平
界面を観る新しい偶数次非線形分光
分光研究, 57, 4, 168 - 178, 2008.
[10] 山口 祥一; 田原 太平
‘埋もれた’界面に光を当てる―電子和周波発生と四次非線形ラマン分光で界面を見る
化学, 63, 18 - 23, 2008.
[9] 山口 祥一; 田原 太平
界面を選択的に観測する偶数次非線形分光
バイオインダストリー, 25, 5 - 12, 2008.
[8] S. Yamaguchi; T. Tahara
Novel interface-selective even-order nonlinear spectroscopy
Laser Photon. Rev., 2, 1-2, 74 - 82, 2008. DOI: 10.1002/lpor.200710027

2007

[7] 山口 祥一; 田原 太平
新しい界面選択的な偶数次非線形分光
表面科学, 28, 682 - 687, 2007. DOI: 10.1380/jsssj.28.682
[6] 藤野 竜也; 田原 太平
アゾベンゼンの超高速光異性化メカニズム
高分子, 56, 488, 2007. DOI: 10.1295/kobunshi.56.488

2006

[5] 藤野 竜也; 藤間 卓也; 田原 太平
非走査型蛍光カーゲート顕微鏡の開発
放射線化学, 82, 36 - 40, 2006.
[4] 藤野 竜也; 田原 太平
フェムト秒時間分解蛍光アップコンバージョン顕微鏡の開発
精密工学会誌, 72, 963 - 966, 2006.

2004

[3] 藤野 竜也; 田原 太平
フェムト秒蛍光アップコンバージョン顕微鏡
光学, 33, 694 - 700, 2004.
[2] 田原 太平
フェムト秒分光による凝縮相分子の核波束運動実時間観測―分光から反応へ
レーザー研究, 32, 687 - 693, 2004. DOI: 10.2184/lsj.32.687
[1] T. Tahara
Ultrafast photochemical dynamics in solution studied by femtosecond time-resolved fluorescence spectroscopy: Involvement of highly excited states
Advances in Multiphoton Processes and Spectroscopy, 16, 1 - 71, 2004. DOI: 10.1142/9789812796585_0001

著書

2019

[8] K. Inoue; S. Nihonyanagi; T. Tahara
Ultrafast Vibrational Dynamics at Aqueous Interfaces Studied by 2D Heterodyne-Detected Vibrational Sum Frequency Generation Spectroscopy
In: Cho M. (eds) Coherent Multidimensional Spectroscopy, 215 - 236, 2019. https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-981-13-9753-0_10

2015

[7] 田原太平
3.2 時間測定, 3.2.1 時間分解測定の概要
発光の事典, 木下修一・ 太田信廣・永井健治・南不二雄編, 朝倉書店, 112 - 118, 2015.

2014

[6] K. Ishii; T. Otosu; T. Tahara
Lifetime-weighted FCS and 2D FLCS: Advanced application of time-tagged TCSPC
Advanced Photon Counting. Springer Series on Fluorescence (Methods and Applications) 15, P. Kapusta, M. Wahl, R. Erdmann (eds.), Springer, 111 - 128, 2014. DOI: 10.1007/4243_2014_65

2011

[5] 山口祥一; 細井晴子; 田原太平
二光子吸収材料の非線形光学スペクトル測定
高効率二光子吸収材料の開発と応用, シーエムシー出版, 61 - 73, 2011.

[4] 田原太平
4章 界面選択的非線形分光法
新しい局面を迎えた界面の分子科学 Part II, 日本化学会編, 化学同人, 113 - 121, 2011.

2010

[3] 田原太平
II-2-3-5 偶数次非線形分光
現代界面コロイド科学の事典-シャンプーから宇宙まで, 丸善, 2010.

2009

[2] T. Fujino; T. Tahara
Chap. 3: Ultrafast fluorescence microscopes
Biochemical Application of Nonlinear Optical Spectroscopy, V. Yakovlev (ed.), CRC Press, 2009.

2005

[1]
物質の構造I:分光 上
第五版実験化学講座 第9巻, 田原 太平編, 丸善, 2005.